国際会計基準の役割

企業の価値を計る共通の物差しとして、世界100カ国位序湯で採用されているIFRS(国際会計基準)は、世界のビジネスマンの必須知識となっています。日本においても、すでに特定の上場企業にはIFRSの適用が認められ、2015~2016年には全ての上場企業に適用が求められる予想されていることから、専門知識や技能を持った人材ニーズが高まるでしょう。

IFRSは原則主義を採用して折り細やかな規定が少ないことから、学習しやすいのが特徴です。欧州最大の公認会計士協会(ICAEW)によって主催されるIFRS検定は、国際会計基準の知識を客観的に測定・証明するものとして広く認知されています。

ビジネスの国際化に合わせて、最近はUSCPA(米国公認会計士)などの日本語で受験できる国際資格が人気になっているようです。

IPアドレスのv6移行

IPアドレスの枯渇が目前となっている現在、残された方法としては、初期に固定アドレスとして配布されたいわゆる歴史的アドレスのうち使用されていないものを返納し貰う、大量に割り当て残を保有しているISP業者から買い取る、などの方法が検討されてきました。

しかし、歴史的アドレスについては、長年放置されており回収のめどは立っていません。また、業者にとっては保有することが競争有意になるため、実際に枯渇する段階で高値で転売しようとするなどの動きもあって、表に出ることはありません。

IPアドレスは電力や水道と同様に公共性の高いものですので、登記対称になるリスクは避けなければなりません。しかし、実際にはIPv6という解決策が存在しています。98年ごろから一部で教養が開始されていましたが、実際にはあまり浸透していません。

IPアドレスの枯渇が死活問題となるISPがv6への移行に熱心になるのは当然ですが、一般ユーザーにはなかなか危機感が伝わっていないのが現状です。