国際会計基準の役割

企業の価値を計る共通の物差しとして、世界100カ国位序湯で採用されているIFRS(国際会計基準)は、世界のビジネスマンの必須知識となっています。日本においても、すでに特定の上場企業にはIFRSの適用が認められ、2015~2016年には全ての上場企業に適用が求められる予想されていることから、専門知識や技能を持った人材ニーズが高まるでしょう。

IFRSは原則主義を採用して折り細やかな規定が少ないことから、学習しやすいのが特徴です。欧州最大の公認会計士協会(ICAEW)によって主催されるIFRS検定は、国際会計基準の知識を客観的に測定・証明するものとして広く認知されています。